FXの口座開設審査基準「無職・主婦でも審査に通るのか」

FXの口座開設審査をクレジットカードの審査みたいに思っている人がいるみたいですが、
FX業者はトレーダーが得しようが損しようが手数料商売なのでそんな厳密な審査はありません。
無収入・無職・主婦・フリーター・ニート・学生・求職中のサラリーマン・ブラックリストでも口座開設することは可能です。

口座開設の際、審査基準の重要点は以下です。

契約締結前交付書面などの同意要項に同意しているか

この書面に同意しないと口座開設することはできません。

住所

海外在住でも口座開設可能な業者はありますが、原則国内在住じゃないと不可の業者がほとんどです。

【重要】資金

現在無収入でも自己資産によって審査に通ります。
申請時の自己資産記入欄では「250万円~500万円未満」を選択すると良いでしょう。

【重要】投資経験

FXをこれから始めようという人は投資経験があるはずがありませんが、
「未経験」にすると審査にマイナスです。

上記の重要審査基準を理解していれば審査に落ちる確率は下がるでしょう。

口座開設申請手順

DMMFXの実際の申し込み項目を添えて順番に解説してみます。
(※画像はキャプチャーです)

審査重要項目① 財務情報

年収
無収入なら最低ラインである「30万円未満」を選択。
フリーター・アルバイト・パートなら「30万円以上」を選択するといいでしょう。

自己資産

重要です。
無職、主婦、フリーターでも「250万円~500万円未満」を選択しましょう。
クレジットカード審査のように資産状況の証拠を求められることはありませんし、
情報を調べられることもありません。

初回振込み予定金額

重要ではありません。
ここで入力した金額を入金しなくてはならないという決まりはありませんから、入金する予定の金額を入力しておけば良いです。

審査重要項目② 投資経験

投資目的

重要ではありません。
選択肢には「短期売買」「中長期運用」「為替差益重視」「外貨資産ヘッジ」等があります。
短期売買=デイトレード
中長期運用=スイングトレード
為替差益重視=スワップポイント重視

デイトレードなら短期売買を選択すると良いでしょう。

取引の動機

重要ではありません。
「当社ホームページ」「雑誌」にしておけば問題ないです。

投資経験

重要です。
「未経験」は審査マイナス要素となります。

口座は複数業者持っておいたほうがいい

FX業者によってスプレッド幅や扱っている通貨ペア、ツールの使いやすさに差があります。
代表的なFX業者といったらDMMFXとGMOクリック証券ですが、
FXの口座開設は無料ですから(逆に開設でキャッシュバックをもらえたりもします)、
最低この2社は開設しておくことをおすすめします。


【DMMFX ブログ管理人モズ評価】
スプレッド国内最狭クラス 約定力抜群 取引ツールの機能豊富


【GMOクリック証券 ブログ管理人モズ評価】
はっちゅう君が便利過ぎる スプレッド国内最狭クラス 約定力はぶっちゃけ2015年になって悪くなったと思う。
とはいえ、1万通貨以上の取り引きをするなら、現状はDMMとGMOクリック証券の2強は揺るがないと思います。

1万通貨以上の取り引き(5万円以上の入金)をするならDMMとGMOクリック証券の口座を作っておくことをおすすめします。

少ない資金で始めたいなら低単位対応の業者を選びましょう

1000通貨対応の業者なら5000円からFXを始めることができます。
1000通貨対応の国内業者はヒロセ通商とSBIFXトレードが代表的です。

FX取引ならヒロセ通商へ
【ヒロセ通商 ブログ管理人モズ評価】
スキャルピングすると口座凍結される業者が多い中、ヒロセはスキャルピングOKを公言している数少ないスキャOK業者です。

SBIFXトレードは国内で唯一1通貨からの取引が可能です。
なんと5円の入金からFXができます。


【SBIFXトレード ブログ管理人モズ評価】
1万通貨までは国内最狭スプレッドです(ドル円0.27 ユーロドル0.48)

少ない資金(5万円以下)でFXをするならヒロセとSBIを作っておくことをおすすめします。