バックテストの環境

検証・バックテストといったらMT4のストラテジーテスターを使うわけですが、
実際にトレードしているときは5分足・1時間足・4時間足など複数の時間足を3枚は同時表示することができるのに、バックテストだと1つの時間足しか表示できないというのがすごく不便だったので、今は練習君を使っています。

練習君
商材を検証しているときの環境をキャプチャーしたものです。
5分足と30分足、1時間足を表示させています。
右側上部の30分足のところにあるのが練習君の操作パネルで、
チャートの進むスピードがボタンで操作できる他、指値・逆指値注文もできます。
僕は使ってませんが分割決済ができるというのも使う人にとっては便利なのではないでしょうかね。

speed
バックテストの重要性でも書きましたが、手法はあらゆる角度(時間足やインジの傾向)から検証することが重要だと思いますから、複数時間足が表示できなかったりカスタムインジケーターが使えないのは致命的ですから、練習君はほんと便利です。

これで複数通貨ペアも同時に表示してバックテストできたら最強なんですけどね。
MT4の仕組み的に無理っぽいですかね。

聖杯(勝てる手法)を探して商材を買う人は多いですが、短期間実践して勝てないからという理由で次から次へと商材を買ってしまう手法コレクターが多いように思います。
人気の商材や新しい商材が気になるのはわかりますが、短期間の実践トレードで負けてだめだと判断した商材、実践前に年間成績・パフォーマンスをバックテストするべきではないでしょうか。
今だけ勝てる手法ではなく、勝ち続けるトレード力をつけたいという目的で商材を買う場合の話ですが。

バックテストをとことんする僕みたいな人には必須のソフトだと思います 練習君

banner1_57070

意外と知られていない定型チャート機能

質問をいただいて初めて気付かされたのですが、商材の検証をするためにMT4に使用インジケーターをセッティングしたり使用する時間足を設定するわけですが、検証するためのMT4の設定は保存をせずに、ひとつの商材を検証するためのMT4デモアカウントを申請しているという方がいました。

商材ごとに定型チャート名をつけて保存するといいですよと提言したところすごく感動してくださったようですので、同じような方がいるかな という思いで書き残しておきます。

まずMT4で検証したいテクニカルをすべて表示させたら、保存したいチャート上で1回左クリックをしてアクティブ状態にします。

teikeihozon

そうしたら、次にそのチャート上で右クリックをして「定型チャート」をクリックして、「定型として保存」を選択し、好きな名前をつけて保存できます。

teikeihozon3

これでいつでも保存したチャートの設定を呼び出すことができるようになります。
複数のチャート設定を使用したい場合は必ず使ったほうがいいMT4の機能ですね。
僕は商材名で定型チャートを保存しています。